しがみつくdays

いろいろ広くカバーして時代にしがみつくブログ

初のゴーゴーバーは未知の世界であった。

忘れもしない、あの高揚感。タイと言えばバンコクバンコクといえばゴーゴーバー。ネットで調べて、こんな素晴らしい場所があるのか!と思った。1日目にパタヤに行った。パタヤは昔米軍が残した歓楽街として有名だ。パタヤの有名な、ウォーキングストリートでは、ゴーゴーバーの目の前で、躊躇して入れない。入り口がしまっており、そこからわずかに見える隙間から、別世界を見た。ただ店の前に立つ、いかつい男と、いかにも勧誘している女を見ると、入る勇気がなくなってしまうのだった。

バンコクにきて、泊まったホテルの近くにソイカウボーイというゴーゴーバーが密集している地域があった。今日こそは勇気を出して入ってみるぞ、と昼間の閑散としたゴーゴーバー前で誓った。

なんのために行くのか、日本でも夜の街を知らない僕がなぜゴーゴーバーに行くのか、それは、自分との戦いであった。別世界を知ることであった。ただ踊っている女を見たいのではない。自分がどれだけ、困難に打ち勝てるかの勝負だった。さあ暖簾をくぐれ。未知の世界が俺を待っている!!

ソイカウボーイへの道で、マッサージ(?)店のガールたちに道を阻まれ、腕を掴まれる。悪いが君たちに構ってる時ではないのだ。ただ、たくさんのガールに囲まれて腕引っ張られるって悪くないよね。

この日ほど海外旅行をしていて緊張したことはない。好きな子に電話して、コールが鳴っている間、自分で電話してるくせに出ないでくれと思っている時の、あの気持ちと同じだ。なにせ一人で入るのだ。一緒に来た連れは体調が悪く寝てしまった。あー緊張する。行くのやめようかな。またチキンが出てきた。ええい何も考えずはいってしまえ!

https://lh3.googleusercontent.com/-nQlxgxR_eGZb4B9ajyTivMJcASon2zqg1EqCbZBSg8=w862-h646-no

ピンクな空気に飲まれそうになる。

店の前をゆっくり歩いていると、踊り子に腕を掴まれる。いつもならただ通り過ぎるだけだった。今日は違った。OK, OK、見るだけねと店に入る。少し上がったステージで水着のお姉さんたちが踊っていた。ふーん、こんな感じなのか、と案外なにも感動せず、店を出た。

それから何軒か回ってみるが、大して目的もないし、お金を使おうと思わなかったのでソイカウボーイを出た。ちなみにソイって道って意味ね。一人で行っても面白くないのかもしれない。今度、タイをよく知っている人に案内してもらおう。

終わり

以上 ゴーゴーバー初体験談でした。一銭も払わず、何もせず帰って来ましたが、それはそれで新たな世界を知れたのでよかったと思ってます。

ゴーゴーバーは日本のキャバクラと違って、お酒を飲んでいるだけなら、1杯100バーツ(350円)で楽しめます。もっと知りたい人はググってみてね。