しがみつくdays

いろいろ広くカバーして時代にしがみつくブログ

マカオと接する珠海から広州に行ってみる。

マカオから香港向かう予定が、せっかく中国本土にいるし、香港は物価が高いということで珠海、広州、深セン、香港と巡ることにしました。

広州といえば、世界史で習った重要な港。イギリスの租界が置かれていた場所です。 林則徐さんが活躍した場所ですね。そういえばマカオにもいましたが、記念館は定休日で入れませんでした。

僕の一つの旅の目的として、高校で習った、受験で覚えまくった世界の都市に行き、建物や博物館に行き、歴史を感じる、というのがあります。実際に習ったことを思い出して観光するとなかなかグッとくるものがありますね。

珠海から広州への行き方はバスと電車の2通りあります。それぞれ料金と時間が異なりますが、どちらも頻繁に出ているようです。

鉄道は、1時間半程度で行けます。値段は1等90、2等70でした。僕が行った時ちょうど夏の休暇だったのかどうか知りませんが、その場でチケットをとってすぐ出発できる状態ではなかったです。混んでいる時は少なくとも3日前にはチケットを取る必要があるっぽいです。次の日の分のチケットさえ売り切れでした。ネットでも予約できるようです。

バスは2時間程度で行けます。一人75元でした。バスはすぐ乗れるようでした。鉄道チケットが取れなかったので翌朝バスで広州に向かいことにしました。