しがみつくdays

いろいろ広くカバーして時代にしがみつくブログ

広州から深セン経由で香港に向かう裏技

広州から香港に向かうばあい、ばすと鉄道の2種類がありますが、今回は鉄道で行く方法を紹介します。鉄道で行くばあいも直通と深セン経由の2種類があります。

直通で行くのは、一見楽そうに見えますが、値段は高いし、意外と出国審査に時間がかかります。それに当日チケットをとるのが厳しい時があります。また到着駅香港各方面に出にくい場所にあります。

今回は、CRHという広州ー深セン間の鉄道を使います。深セン経由で行く方法なら、すぐチケットが取れますし、直通より早いし、50元程度安いです。。出国審査は後で詳しく解説しますが、すぐ済むことが多いです。多くの中国人もこの方法を利用しているようです。それでは解説していきます。

裏技の概要

  1. 広州東鉄道駅深セン行きチケットを買う(80元)
  2. 深セン駅で降り、徒歩で境界を抜ける
  3. Lo wu駅から香港の主要部に行く。

これだけです。

メトロから Railway station に向かいます。Gゲートから入り、途中に上の方にレールウェイ行きの看板があるのでそこで曲がります。多くの中国人についていけば大丈夫です。

CRHという鉄道を探します。「広州ー深セン」と書いてあるのですぐ見つけられると思います。中国人はIDカードを使い、自動改札でチケットを買えるのですが、僕ら外国人は出来ません。駅に入る際に荷物検査があるのですが、その前に手動のチケット売り場で買いましょう。分かりにくい場所にあるので駅員に聞くといいでしょう。

時間まで待ち、列車に乗ります。所要時間は1時間20分程度です。

境界に徒歩で向かい、審査を抜けます。出境、入境カードを書く必要があります。外国人専用レーンがあるのであまり並ばなくてもすぐ手続きは終わります。

ローウー駅は香港のMTR(地下鉄)です。ここから紅磡 ホンハム Hung Hom行きに乗れば、どこでもいけます。



いかがでしたか?逆に香港から広州に行く時にこのの方法を使えるので、香港から広州に日帰りで足を伸ばしてみては。