しがみつくdays

いろいろ広くカバーして時代にしがみつくブログ

大学生ほど今すぐブログを書きはじめるべき5つの理由

最近のブログブームに乗って始めたこのブログ。まだまだ未完成だが記事を書くうちに、大学生ほどブログを書いたほうがいいと感じた。その理由をあげていこう。

f:id:superup:20150824000038p:plain

情報収集に対して敏感になる。

就活のブログを書いている人は、就活の情報を大量にインプットする必要がある。それゆえにいち早くいい情報をゲットすることができる。ブログで書くことを探していると、無意識に情報のアンテナを張るようになるため、勝手に情報が流れ込んでくる。

成果が出やすい

いまどんなことを勉強していて、どこにつまずいているかを書き記す。振り返りや今後の計画を書くのもいい。勉強の成果を記録していると、周りの目を意識するため結果を出そうと意識する。あとで驚くほどの成果が出ていることがわかる。

いいレポート,論文を書く練習になる

ブログを書くことと、レポートを書くことは似ている。課題を設定し、記事を書くために最適なインプットをし、自分の言葉でアウトプットを行う。時に他の記事や本などから引用し、自分の意見を書く。ブログの方が気楽さがあるが、しくみは同じだろう。

何より日々インプットとアウトプットの繰り返しを練習することで文章作成になれ、レポートもあっというまに終わらせることができる。コピペ常習犯とは多大な差が生まれよう。

文章の質と速度をあげることができる

今の時代ライティングスキルは必須能力であり、情報化社会ではいかに質のよい文章と速いスピードでアウトプットできるかが試される。上の理由と被るかもしれないが、文章力を鍛えることでレポートに加え、ビジネスレターやFBの更新などに時間を取られなくなる。社会人になり「モノを書く」という経験は大いに役に立つはずだ。

セルフブランディングができ、人脈が広がる。

君の能力は、一時の面接や一枚のエントリーシートで測れるものではない。もし君のブログを多くの「大人」に読んでもらえることができれば、君をよく理解してくれる人が増えるだろう。継続してブログを書き、世の中に価値を提供し続ければ、おのずと君のブログをみてくれる「ファン」が増える。それが人脈となり、将来への道へとつながる。多くの人がまだ知らないことを書き、あなただけの「価値」を提供することで、それが何倍にもなって帰ってくるのである。思ってもみなかった出会いや幸運が訪れるだろう。

ブログで収入を得られる

ブログを続けていると、アクセスが増える。それを利用してちょっとしたおこずかい稼ぎをするのもいいだろう。実際にお金を稼ぐことで、人に魅せる文章であったり、マーケティング、SEOなど実践的に勉強できる。ただし目先の利益にとらわれ、何かを売ることを目的にすると、君のブログは誰も来てくれなくなる。あくまで「ついで」くらいがちょうどいい。

大学生こそ情報を発信すべき

素晴らしい活動をしているのに、FBにしか書かないなんてもったいない。知り合いと、友達の間だけで完結してしまう。ブログは、記事を削除しない(されない)限り半永久的に自分の奇跡を書き記すことができる。少しの努力で圧倒的な成果を得ることができるのは、ブログしかない。